カテゴリー

寄付金・募金

令和3年10月19日(火)護国会館内会議室にて中間理事会が開かれました。コロナ緊急事態宣言も解除となり、やっと安心しての開催ですが、まだまだ感染対策には気を許さずに望みたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

栃木県アイバンク理事(今市ライオンズクラブ・㈱ダイエー取締役会長)

福田幸信氏より10万円の寄付を受領いたしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続けて、栃木県アイバンク副理事長(那須野ヶ原ライオンズクラブ・渡辺自動車専務取締役)

鈴木正義氏より10万円の寄付を受領いたしました。

 

 

]

 

 

 

 

 

 

また、7月14日、下野ライオンズクラブより5万円の寄付がありました。内田慶会長の代理でアイバンク

山中行男監事に代理で感謝状を贈呈させていただきました。

 

那須塩原市にある大原クリニック様より募金をいただきました。これで大原クリニック様からの募金は今年度3回目になります。

今回は、患者様が空き缶に貯めて下さった貴重な募金でした。理事の郡司陸成氏が預かってきてくれました。

今年度は、栃木県眼科医会様より現在、総額 357,157円の募金がありました。

栃木県アイバンク理事の吉澤徹様(栃木県眼科医会会長・吉沢眼科医院 院長)より104,557円 壬生のしろやま眼科様より 66,157円、宇都宮早津眼科医院様 52,931円その他以下の眼科様より募金をいただきました。コロナ禍でアイバンクの事業収入が減った中とても感謝いたします。

●宇都宮市・・・金子眼科、早津眼科医院、宮下眼科医院、福島眼科医院

●鹿沼市・・・吉沢眼科医院、上都賀総合病院眼科

●壬生町・・・しろやま眼科

●下野市・・・回生眼科

●栃木市・・・青木眼科医院

●さくら市・・・かとう眼科

●小山市・・・齋藤眼科医院

●大田原市・・・原眼科医院

●那須塩原市・・・大原クリニック

●真岡市・・・宮澤眼科クリニック   ★(敬称略) 栃木県眼科医会 様 ありがとうございます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(左)小倉理事長 (右) 黒磯ライオンズクラブ会長 潮田陽介様

2021年5月11日 護国会館にて、黒磯ライオンズクラブより10万円のご寄付を受領いたしました。

毎年、ありがとうございます。

また、下記のクラブより受領いたしました。

● 4月9日   那須野ヶ原ライオンズクラブ 会長須藤裕幸様より20万円

● 4月16日  足利ライオンズクラブ 会長中山光明様より5万円

● 4月28日  栃木うづまライオンズクラブ 会長大沼正広様より10万円

栃木うづまライオンズクラブ 蒲生桂子様1万円

● 5月9日   ライオンズクラブ国際協会333-B地区 地区ガバナー大阿久九二男様より10万円

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(左)宇都宮東ライオンズクラブ会長 須田康則様  (右)小倉理事長

●5月27日 護国会館にて 宇都宮東ライオンズクラブ 会長須田康則様より5万円

コロナ禍で、皆様大変な状況の中 誠にありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

松谷正明氏              小倉理事長              医療用ナイフ

2021年5月10日 下野新聞社、会議室において松谷正明様より50万円のご寄付を受領いたしました。

今年で5回目になります。感謝状を贈呈させていただきました。

アイバンクに毎年寄付をして下さっておりますが、始めた経緯は、下野新聞社の元黒内和男常務(現在、栃木テレビ社長、)がアイバンクの理事をされていた為、松谷様をご紹介下さいました。

松谷正明様は、去年11月マニー株式会社取締役副議長を退任され、現在は名誉顧問として在籍されているそうです。

マニー株式会社は、長年、医療機器の製造・販売をされていて、メインは眼科用ナイフで白内障手術にも使われており、世界のシェア30%を持っているとの事です。アイバンクという、目の見えない人に光を与える素晴らしい団体があると聞き、ぜひ貢献したいと思ったそうです。

マニー株式会社も以前、不景気な時代を経験し、経費削減を進め筋肉体質にしてきた経緯があったそうです。しかし企業は公のものだから社会貢献もしていかなければという、相反した矛盾する中で、話し合い、松谷創業家としてそれぞれ個人で寄付することによって社会貢献していこうと決めたそうです。

それから20年間、日本ユニセフ、下野奨学会、貧困の子供の救済、医療従事者、また栃木県のプロバスケットチーム宇都宮ブレックス等々多岐にわたりいろいろなところに、兄弟3人で寄付をされてきたそうです。そして今年は松谷創業家、奥様も含めて6人でお持ちの株の配当金をもとに、「松谷奨学財団」を設立され、給付型の奨学金を子供たちに贈っていくそうです。

素晴らしい行いをされておられることに感銘を受け、ただただ、頭が下がります。奨学金で助けられた子供達が、将来栃木県の為に役立ってくれ、未来に繋がってくれることを信じています。そしてアイバンクも一人でも多くの方に光を届けられるよう活動していきたいと思いました。貴重な浄財ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

令和3年3月16日に開催されたアイバンク理事会にて、栃木県シートメタル工業会(会長 赤石修一様)より10万円のご寄付をいただきました。

感謝状を贈呈させていただきました。コロナ禍で、アイバンク事業が滞る中、本当に助かります。ありがとうございました。

栃木県シートメタル工業会は、栃木県の精密板金、板金加工に携わる工業会であります。

先日、小倉理事長が下野倫理法人会にて、アイバンク講演会を行った経緯で今回のご寄付に繋がりました。大切に活用させていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、同じく理事会にて、小山東ライオンズクラブでアイバンク副理事長の椎名剛様からもご寄付をいただきました。

クラブより2万円、そして今期でアイバンク役員を退任される椎名様より3万円のご寄付をいただきました。

椎名様はアイバンクの副理事長として、17年間も支えて下さいました。真面目に真摯に永年貢献して下さり本当に感謝の思いでいっぱいです。たくさんの葬儀に参列して下さり、葬儀のお写真を遺族の方に贈られ、やさしいお人柄から献眼者ご遺族からお礼の言葉を数多くいただきました。

これからも、お身体にご留意されアイバンク活動を見守っていただけましたら幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

栃木県アイバンクでは、新しく募金箱を作成しました。

カラフルな素敵な募金箱は、障害(ハンディキャップ)のある方の就労支援施設 社会福祉法人啓愛会

「エール」で作成していただきました。

置いていただける方がおりましたら、ぜひアイバンクにご連絡ください。よろしくお願いいたします。

2021年1月7日 角膜移植で目が見えるようになった、鹿沼のアカリチョコレートさんより13,325円の

募金をいただきました。たくさんの募金にビックリしました!!

本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年12月2日 ライオンズクラブ国際協会333-B地区

4リジョン2ゾーンゾーンチェアパーソン 斎藤敏彦様より

栃木県アイバンクに寄付金をいただきました。

 

 

 

 

 

 

また、12月15日には、足利西ライオンズクラブ 会長 邉見徹二様より

12月21日 名誉顧問 眞尾博様

12月22日 333-B地区 地区ガバナー 大阿久九二男様

2021年1月28日 宇都宮マロニエライオンズクラブ 会長 平出英子様

皆様 コロナ禍で、大変ななか誠にありがとうございます。

令和2年10月20日(火)護国会館 会議室で中間理事会を開催しました。

当アイバンク副理事長 鈴木正義氏が令和2年4月29日に

「藍綬褒章」を受章されましたので、小倉理事長及び

理事・監事一同で受章記念のお祝いに「盾」と花束を

贈呈させていただきました。

永年にわたり、様々な活動をされてきたからの名誉ある

受章!本当におめでとうございます。

 

 

 

鈴木副理事長   小倉理事長

また、アイバンク理事福田幸信氏よりアイバンクに

10万円のご寄付をいただきました。

毎年ありがとうございます。

理事長より感謝状を贈呈させていただきました。

 

 

小倉理事長                 福田理事

左より 小倉理事長  松谷氏  下野新聞社 飯島常務(アイバンク理事)

2020年7月14日(木) 医療機器製造を手掛けるマニー㈱ 取締役会副議長 松谷正明様より 栃木県アイバンクに50万円の寄付をいただき、感謝状を贈呈させていただきました。

今回で4回目となります。 コロナ禍の中でアイバンクの事業も自粛される中、貴重な浄財をいただき深く感謝申し上げます。

角膜移植の推進に大切に役立てたいと思います。

 

当日、下野新聞社にて取材を受け、翌日の新聞に掲載していただきました。 ありがとうございました。

マニー株式会社は、宇都宮市清原工業団地にあり、医療機器を製造しています。眼科手術用のナイフも製造している優良企業です。

経済産業省が選定した、2020年版「グローバルニッチトップ100選」に選ばれ、栃木県内で初の選定となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

令和2年6月4日 黒磯ライオンズクラブ 会長 真船貴之様より、100,000円の寄付金を授受いたしました。

黒磯ライオンズクラブは今年結成55周年であり、式典及び祝賀会を開催する予定でしたが、新型コロナウイルスの為、開催は中止となりましたので、寄付金だけ理事長に渡されました。

皆さんそれぞれ大変なおり、誠にありがとうございます。大切に活用させていただきます。

 

また、同じく県北の那須野ケ原ライオンズクラブ 鈴木康弘会長より、67,000円の寄付金も授受いたしました。やはり、毎年行われているチャリティボーリング大会が中止となり、集めていた景品を売ったお金全額を、アイバンクにご寄付下さいました。貴重な寄付金です。ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

令和2年3月10日、護国会館にて栃木県アイバンクの理事会が開催されました。

新型コロナウイルスが騒がれ大変な中、皆様ご参集くださいました。

そして、今年も今市ライオンズクラブ所属の㈱ダイエー取締役会長福田幸信様より寄付を

いただきました。また、大田原ライオンズクラブ所属の郡司隆評議員と、石橋ライオンズクラブ

ミヤザワストアーさんより募金も受領いたしました。ありがとうございます。

この日、平素より大変お世話になっております、獨協医科大学に寄付する医療機器についての

大切な審議がありました。皆さん全員一致で承認されました。

医療機器とは「角膜クロスリンキングKXL Sestem」という機器で円錐角膜疾患に対し紫外線照射をする

機器です。これに対し栃木県アイバンクとして300万円の寄付をする事が決定いたしました。

円錐角膜は、角膜中央部から下部の前方突出をきたす角膜実質の脆弱性を特徴とする先天性・進行性の

疾患です。この機器によって効果が得られ患者様の治療に役立つことを願っております。