平成30年10月21日(日)栃木県眼科医会主催の目の愛護デー記念行事が宇都宮市保健センターで開催されました。

〇目の健康講座「糖尿病と目」

獨協医科大学眼科学教室 鈴木重成先生

〇目の健康相談

〇眼圧無料測定

このような内容で、目に関心がある多くの方が参加しておりました。

糖尿病は様々な合併症があらわれます。

1.眼合併症

2.腎症

3.神経障害

4.足病変

5.動脈硬化

糖尿病が増えた事で、透析患者が増え、年間医療費1人500万円かかるそうです。また成人中途失明では介護費用がかかり膨大な医療費が必要です。

 

糖尿病を予防するには、早期発見と血糖コントロールが重要とのこと です。健康寿命のためにも改めてスポーツの大切さを感じました。

小倉理事長と山中監事が、アイバンク広報誌「光とアイ」を皆さんに配らせていただきました。

Comments are closed.