カテゴリー

イベント

10月16日(日)栃木県アイバンクとライオンズクラブ国際協会333-B地区で合同研修会が行われました。

秋晴れのさわやかな日曜日、宇都宮中心に位置する護国神社の敷地内、護国会館に約100名の方が集まってくださりました。

栃木県アイバンクは、献眼登録確認フォローアップ事業として、ライオンズクラブ様は100周年記念事業としての講演会です。

 

 

 

 

ライオンズクラブ国際協会333-B地区               公益財団法人日本アイバンク協会

地区ガバナー 福田幸信 様                    事務局長 泉 厚彦 様

獨協医科大学眼科学教室 准教授 千葉桂三 様  「角膜移植と献眼について」の講演です。

眼の組織、献眼摘出の流れ、提供された角膜がどのように移植手術されるか、最新の手術や感染症等についても広くお話いただき勉強になりました。

そして、この千葉先生からまさに角膜移植手術を受け開眼された上原晋様にも講演していただきました。再会したお二人はとても感激し喜んでくださいました。

視覚障害者でしかわからない大変な苦労・・・。目が見えるようになることは、また、新しい命をいただくような大きなものだと感じました。

(上原さんのお話は、ホームページ開眼者からの手記にのせております。)

角膜移植は、角膜提供してくださる方、また移植手術をしてくださる先生も必要で、両方の「愛」によって受眼者へ繋がるアイバンク運動は素晴らしい活動だと今更ながら感動しました。とても充実した心に残る研修会になりました。

 

 

今年の目の愛護デーは10月2日(日)と例年より少し早い日程で宇都宮保健センターで開催されました。

秋晴れで気持ちのよい日曜日であったためか、14:00からの開始時間前から、皆さん列をつくって

並んでおられました。

 

今年は自治医科大学眼科学講座講師の高橋秀徳先生

が、「加齢に伴う目の病気~加齢黄斑変性の予防と

治療~」について講演されました。

200人に一人はかかる病気で年齢が高くなると

血管がもろくなり、出血した部分が見えなくなり

ゆがんで見えるそうです。

治療としては、目の中に薬を注射していくそうですが、

普段から、生活習慣にも気をつける事が大切だそうです。

・タバコはダメ、ストレスもためない

・肉より魚

・肉より野菜や果物多くとる

・高血糖・高血圧はダメ

・運動をする

 

栃木県アイバンクでは、山中監事が出席してくださいました。

広報誌「光とアイ」150部配布させていただき、皆さんに登録

のお願いをしてまいりました。

 

 

 

 

 

 

今年も、栃木県眼科医会主催の目の愛護デー記念行事が

宇都宮市保健センターで開催されます。

目の健康講座では、自治医科大学眼科学講座の高橋秀徳先生

が加齢に伴う目の病気~加齢黄斑変性の予防と治療~ に

ついて講演されます。加齢黄斑変性とは、加齢により網膜の

中心部である黄斑に障害が生じ見ようとするところが見えにくく

なる病気です。年齢を重ねると身体のいろいろなところに病気が

でます。目は特に繊細で大切なものです。目の健康相談、眼圧無料

測定なども行われますので、ぜひお越しください。

 

 

 

 

 

 

 

 

平成28年7月22日(金)今年も東京国際フォーラムで第39回全国アイバンク連絡協議会が開催されました。

(公財)日本アイバンク協会役員様をはじめ、全国54アイバンクから100名ほどの参加者が集い連絡会議が

行われました。他県のアイバンクさんの現状やどんな事業がなされているか、こんな事例があった等、

いろいろな意見が聞かれとても勉強になります。小倉理事長も真剣です!

また、アイバンクスタッフのみなさん24時間365日いつも携帯を離さない状況でいるので大変です。

(お疲れ様です。)

 

今年のアイバンクポスターは女優の竹下景子さんです。

とても素敵です。早速、関係各所に掲示のお願いしたいと思います。

掲示にご協力くださる方は、アイバンクまでご一報お待ちしております!

 

 

 

第8回今泉賞には、長野県の前島辰弘氏、群馬県の吾妻ライオンズクラブ

さんが受賞されました。すばらしいご活躍 誠におめでとうございます。

 

 

10月4日秋晴れの日曜日、今年も「宇都宮健康センター」で
栃木県眼科医会様の主催で「目の愛護デー記念行事」が
開催されました。目の健康講座では、国際医療福祉大学の
原直人先生が「デジタルライフでの疲れ目とその予防法」に
ついて講演されました。
テレビ、スマートフォン、タブレットと一日何時間も目を使う
毎日です。目の疲れは脳の疲れで、頭痛、肩こり、二重に
見える等様々な症状が現れます。先ずは、目薬を常用し、
目に合った眼鏡をかける事が重要だそうです。
特にパソコンに従事する方はパソコン専用の眼鏡をつくる
事が良いそう です。それでもひどい疲れ目を感じたら、
眼科での適正な検査を受ける事が大切です。

 

今日は、栃木県アイバンクより椎名副理事長(右)と山中監事(左)
栃木 県眼科医会会長でアイバンク理事の原裕先生(中央)、が出席
されました。市民の皆様にアイバンクのパンフレットを配布させて
いただいたところ、アイバンクへ登録して下さりました。
ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

今年も栃木県眼科医会様の主催で「目の愛護デー記念行事」が開催

されます。

目の健康講座では、「デジタルライフでの疲れ目とその予防法」

という演題で国際医療福祉大学の原直人先生が講演されます。

毎日パソコンやスマートフォンの使用で本当に目が疲れます。

とても興味深く、為になるお話だと思いますので楽しみです。

目の健康相談、眼圧測定も無料ですので、ぜひ参加してみて

ください。

 

5月30日、神田錦町「学士会館」において、公益財団法人日本アイバンク協会創立50周年記念式典・祝賀会が開催されました。厚生労働省をはじめ、日本医師会、日本眼科医会、ライオンズクラブ、その他関係者の方多数が出席されました。

献眼者への感謝と追悼。そしてアイバンク活動の強化と「愛の献眼」の増加、待機患者の速やかな解消を目指し、更なる協力をお願いしました。

創立50周年記念、誠におめでとうございます。

 

 

 

 

10月5日(日)宇都宮市保健センターで栃木県眼科医会主催の「目の愛護デー記念行事」が開催されました。

朝からあいにくの雨でしたが、たくさんの方が参加され、目の健康講座に熱心に耳を傾け、無料の目の健康相談や眼圧測定をされていました。

アイバンクでは、小倉理事長と山中監事がアイバンク献眼ポスターを貼り、パンフレットを配布させていただきました。

目の健康講座では、獨協医科大学眼科学教室 後藤憲仁先生が「加齢に伴う目の病気~白内障の予防と治療~」の演題で講演され、誰でも起こり易い身近な病気なのでとても為になりました。大切な目を守る為、日常生活でも目をいたわるように心がけしたいものです。

小倉理事長 ・  後藤憲仁先生 ・ 栃木県眼科医会会長 原裕先生

平成26年10月5日(日曜日)に宇都宮市保健センターにて目の愛護デー記念行事が行われます。

(JR宇都宮駅西口・ララスクエア宇都宮9F)

・14:00~15:00 目の健康講座「加齢に伴う目の病気~白内障の予防と治療~」
講師:獨協医科大学眼科学教室 後藤憲仁 先生

(入場200名とします)

・15:00~    目の健康相談

栃木県眼科医所属の眼科専門医が目の病気一般、めがね、コンタクトレンズについて
皆様のご相談に応じます。お気軽にお出かけください。

・15:00~    眼圧無料測定 (受付15:30まで)

40才以上の方、定員100名(先着順)

主催:栃木県眼科医会