This movie requires Flash Player 9

日本には目の見えない方が約35万人(厚生労働省調)おられ、栃木県下にも約2万人おられると推定されております。
目が見えない原因は様々ですが、そのうち約5%の方が角膜移植によって視力を回復することが出来ると考えられています。そこでアイバンクは角膜を提供していただく方と、角膜を必要とされる患者さんとの間を結び、角膜移植が円滑に行われるよう活動しています。

事務所所在地